テーマ:GiroGiro

枝魯枝魯ひとしな 2008年12月 <料理編>

ということで、ようやく12月メニューへと移ります。 料理ファンの方々にはお待たせしてしまいました。 コーススタートにあたって、まーくんオススメでいただいた日本酒は、義侠の慶。旨し酒です。 ペンギン型の徳利もまた面白く。 先附。 春菊を豆乳で和えたすり流しポタージュ風。具材には炊いた大根と新物の菜の花、そしてボタ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2008年12月 <「安心・緊張」考 編>

2ヶ月ぶりの枝魯枝魯ひとしな! 前回記事の「上下西東 2008年11月」でも書いたように、枝魯枝魯は我々にとって一つの生活のリズムであり、陳腐な表現ではあるがいわゆる「憩いの場」であった。今回のように暫く振りに訪れると、故郷に帰ってきたような安心感や懐かしさ、温かさ、心地よさを自ずと感じてしまう。 と、書き始めたところで一つの疑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上下西東 2008年11月

なんともはや前回の更新から2ヶ月以上の放置・・・。 色々とネタはあったのだが、何か気分が乗らない。 とはいえ、枝魯メニューを更新することは半分使命であるゆえ、なんとか気持ちを奮い立たせて更新をば。 既に12月メニューも食しているのであるが、順番から行くと11月メニュー。 11月は関西に戻る機会が無く、四条川端の元本店「枝魯枝…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

枝氏と再会@上下西東

枝國氏の一時帰国にあわせて上下西東へ。 彼の渡仏前に京都で会って以来なので、7ヶ月ぶりの再会となる。 いやぁ、相変わらず素晴らしい。 彼から得られるエネルギーは大きいね。 マジで見習わなければ。 夕食後の23時半ごろ訪れたので、カマスの焼き霜造りをアテに龍神をちびりちびりと。 最後に紹介しても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2008年10月

枝氏が頻繁に雑誌に登場したりTVに出演したりとパリ店の認知度も益々高くなり、なかなか好調のようでなによりだ。枝氏のTV出演日には弊ブログのアクセス数が鰻登り。前回のズームインのときも凄かったけど、弊ブログでは今回の波のほうが更に大きかった。日曜昼間の京都&グルメ番組の威力は凄い! 京都のほうも松氏のメニューが板についてきて、今月は…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2008年9月

諸般の事情でなかなかアップできず、またもや数名の方々からせっつかれつつ、ようやく9月メニューをアップ。 8月下旬に江戸に引っ越したゆえ、枝魯とは物理的な距離ができて寂しい限りであるが、9月2日、出張の折に訪れることができた。東京の「上下西東」もいいんだけど、やはり「本店」でいただくほうが何かにつけてよろしいもので。 では、夏…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

枝魯タコ祭(フェミちゃんBD記念)

8月6日の話。 店が夏休みに入ることもあり、フェミちゃんの誕生タコライス祭りを繰り上げ実施。 いつもの祭りのように、皆さんで記念撮影。 当のフェミちゃんは大台を迎えても月替わり髪型は健在。 「崖の上のフェミ」 似てる!・・・とは言い難い。 ポソが最後までいられなかったのも残念。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2008年8月

今月は、同月内にアップできた! と喜んでいる場合ではない。 8月メニューとはいえ、実はこのメニューは枝魯枝魯ひとしなではもう食べられないのだ。 店のほうは8月11日から夏休みで再開は25日。そのときには既に9月メニューになっているから、このメニューを食すためには、原宿の上下西東に行っていただかねばならない。 今月は趣向を変えて…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2008年7月番外編

実は7月9日の話。 夜遅い時間に来店したので、7月の正規メニューから品数を減らし、「定食風」にアレンジしてもらったのが以下。 フェミちゃんプロデュースのズッキーニの素揚げが美しく、記録しておこう。 前菜として、揚げ茄子と雲丹にゆず皮おろしをまぶしたもの。 メインとして出してもらったのがこちら。 正規メニュー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2008年7月

いかん、またもや遅延記事。 7月のコースは遅くとも7月中に・・・と思いつつ、色々訳ありで・・・。 8月に入ってしまったので、既に「枝魯枝魯ひとしな」ではこのコースは食すことはできない。どうしても・・・という方は、「上下西東」へ・・・。 いずれにせよ、7月だけをスキップするわけにはいかないので、遅ればせながら7月メニューの紹介。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

枝魯ハヤシ祭(クロちゃんBD祝)

(昨日の続き) 飢えた人々の気をそぞろにさせた「枝魯ハヤシ祭」第二弾。 この日は13日の金曜日とBDが重なった美しい黒一点の方へのお祝い。 人も溺れる橙茶色のソース。 全貌はこちら。 具材の肉提供者は、いつものこのお方。 そういえば、肉を提供した分、いくばくかお痩せになったようで。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2008年6月

少なくとも5人の方々を待ちに待たせてようやくアップの枝魯6月メニュー。 既に「枝魯枝魯ひとしな」ではいただくことはできなくなっているが、「上下西東」では残り日数わずかながら機会が残っているので、ぎりぎりセーフ(?)ということで(?) まずは先附。 きずし・素揚げのズッキーニ・茄子のオランダ煮・そして微かにシロップしたマンゴーに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2008年5月

ということで今年も早いもので5月。 松氏のメニューも5回目を迎える。 私の周りの人が口を揃えて言うことは、「最近、松氏の顔が変わってきた」ということ。 旧来の松氏ファンにとっては賛否両論あるようだが(笑)、私は「是」として迎え入れる。 店を任された「漢」の顔になってきており、枝なきあとのマネジメントに奔走するなら当然のことだろう…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2008年4月

鈴なりに咲き誇る花に枝が折れそうな高瀬川の桜を愛でつつ4月の献立をいただいて参りました。 今月は裏の話題を先に2本もアップしてしまいましたので少々遅くなりましたが、4月4日(金)のお話です。今月も松氏の思いが素直に伝わる春色満載のお料理でした。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ まずは、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

あの人が帰ってきた!

えぇ、お帰りになりましたとも。 白目健在で! 久々の柚華ソーダで、偉大さを再確認。 さとしの抜けをカバーできるのはあなたしかいない。 素敵です・・・。 ファンシーです。 フルポソ完敗です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

枝魯ハヤシ祭(まー君BD祝)

第1回目のタコライス、第2回目のビビンバに続く今回は、ハヤシライス。 2週間ちょっと遅れながらも、まー君の誕生祝ということで。 で、いつも通り笑顔満面の二人。 6名分のハヤシライスが並ぶ。 同時開催の「モス祭」からポテトとオニオンリングがコラボ。 まー君との付き合いも、もう4年超だね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝魯ビビンバ祭(さとしFarewell記念)

昨年のタコライス祭に続く第二弾は、ビビンバ祭! 例によって彼らのツーショット。 6名分のビビンバ。 3月末に長野に旅立つサトシのさよなら記念の意を込めて。 サトシがいなくなると、絶対にサービスの質が低下するなぁ。 もともと店としてそんなにサービスがいいわけではないのにね。 サトシは細か…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2008年3月

枝氏がパリに旅立った。 いよいよのパリ店での挑戦。 料理の内容・味から普通に考えると勝利して然るべきなのであろうが、そこはこれまでとは勝手の違う異国の地。開店に漕ぎ付けるまでと同様の様々な障害や見込み違いの波にもまれることは想像に難くない。 枝氏、立派に花が咲くことを大いに期待しています。そのうち絶対に行くから。 枝…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2008年2月

またもや遅延記事。 実際には2月8日(金)に来訪。 金曜日にもかかわらず、この日も大将と遭遇。 てか、いつまで日本におんねんっ! と本人のリクエストにお応えして、つっこみながら写真を掲載しておきます。 で、2月のメニュー。 すなわち松氏の2度目のプロデュースメニュー。 最初から書いておくが、「松…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

「上下西東」 2008年1月

更新がままならぬ最近。 以下も実に1月28日の話。 ちょっとした東京出張の折に、DBSのメンバーと東京枝魯会を開催。 前回から約7ヶ月ぶりの開催である。 直前のお誘いにもかかわらず6名の愉快な同窓生が集まってくれた。 感謝! 料理は、1月枝魯メニューと同じであるから、気になる方はこちらからどうぞ。 さて、こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2008年1月

ようやく本年初の更新。 計ったわけではないが、1発目は枝魯をば。 ブログ用のネタは数々あったのだが、村上龍にのめり込んでしまい、ブログを更新する気分とは全くもって程遠い世界に飛んでいってしまっていたので。 あまりにも更新しなかったので一部の方にはご心配をかけたようで大変失礼しました。通常通りの生活で生きております。 で、…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

枝魯枝魯丼(または枝魯重)そしてルタオ

12月の2回目。 あと半月でお役目ご苦労。 2回目でしかも夜遅かった(11時)ので、この日はコースではなく、幻の「枝魯枝魯丼(またの名を枝魯重)」と、美味しかった「ぶり大根」を事前にオーダーしておいた。 夜も遅かったので軽めに・・・と目論んだのだが、松氏曰く「痛風まっしぐらの枝魯重!」 確かに、プ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2007年12月

またもや相当アップが遅れてしまったが、12月の献立をば。 その前に、枝氏から掲載を依頼された「バイト募集」のお知らせ。 マジで困っているみたいなので、興味ある方は応募してください。 私は待遇等について責任を持ちませんが。 で、12月の献立。 渡仏のため、今月のメニューを最後に枝氏はコース考案についてはサブに…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

裏枝魯

枝氏が素敵な帽子を被っていたので撮影。 アクや毒気が強いものは、アクや毒気が強いものにこそピッタリはまる。その典型例だ。(これ最高の褒め言葉。並みの人間にはできる業ではない。) で、この日はオフのはずだが、翌日何やらイベントがあるらしく、その仕込みに参上なさったというわけ。ちなみにこれは、間もなく丑三つを迎えようという時…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2007年11月

アップが遅くなったが、今回は正式コースをば。 写真は千枚漬け用に鏑を仕込む、まっちゃんとマー君。(タッコ君とライス君) 左右からの包丁の入りが美しい。 11月16日のズームイン朝で紹介されたことにより、予約が殺到しているようで、昔の本店のようになってしまうのか・・・と心配である。 (当方のブログにも、放映時間以降に「枝…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

裏枝魯

下向きTHEダイヤモンド。 嬉しそうに番組欄を指す指は、大将・枝氏のもの。 栄一ちゃん、爪のお掃除を怠っちゃダメよ。 この日は、赤が良くお似合いで。でも、確かに痩せたねぇ。 片や、F氏は見事な重ね着で。 着実にファン層を広げているF氏。 笑顔が素敵です。 隅の方が好きです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2007年11月もどき

あくまでも「もどき」である。 「今日行くかも・・・」と連絡を曖昧にしておいたせいで、予約人数にカウントされていなかったらしく、深夜12時過ぎに店に着いたときには、食材不足により正式なコースを提供できない状態であった。 ということで、以下は、正式な11月メニューではない。抜けてしまった料理もあれば、正式メニューとは違う素材を使用し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

枝魯タコライス

アップが遅れたが、先日のタコライス祭り。 タッコで~す。ライスで~す。 製造過程その1。 製造過程その2。 それはさておき、デザート対決。 ダメダメですわ。 以上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢・能登へ その3(a.k.a.)

初めてのアーカである。 この店も今回の旅の目的の一つ。枝魯枝魯ひとしなとのコラボでできた店。 金沢に行くことを決めるやいなや松氏に予約しておいてもらった。 ちなみに、a.k.a. =atelier kitchen for artisan とのことである。 私が行った前日は、ちょうど店の1周年パーティーがあったらしく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2007年10月

美味しい秋を欲して10月メニューの枝魯への気分が高まっていたところ、本日はファンシーなあのお方に御目文字できるとの情報を聞きつけて、さっさと仕事を切り上げ22時半に暖簾をくぐる。 ファンシーなあのお方は、うら若き女性3名を引き連れて既にマックス状態。 お邪魔してはなるまい、ということで、とりあえずカウンターの末席へ。 …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more