テーマ:Overseas

夏の思ひ出 2

標高3000メートル付近での御来光。 朝3時過ぎにコンドミニアムを出発。 車で真っ暗なクネクネ道をひたすら登る。 頂上に5時ごろ到着。 ただただじっと待つ。 7月だというのに、毛布にくるまりながらじっと待つ。 まじ寒かった。 ようやくその片鱗が。 出始めると早い。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏の思ひ出

9月も終盤というのに、30度超えの毎日。 7月に訪れた癒しの南島を懐かしみつつ、体感温度・湿度の上での夏にオサラバすべく、「夏の思ひ出」というタイトルにしてみた。 初めての生花のレイ。自然の色は美しい。 椰子の葉で作ってくれた薔薇。ものの3分で完成する手捌きに魅了された。 空はどこまでも青く・・・ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

足止め 2

外は雨風激しく外出できる様子でもなし。 家の中で友人と話をしたり、トランプをしたり、TVを見たり、昼寝をしたり、このようにブログを更新したりするだけのダラダラした一日。 写真は台湾のTVの台風情報。 この国のニュースでは、ちょっと毒々しい色使と、まくしたてるような語感が相まって、台風がおどろおどろしい生き物のように…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

足止め

15日(土)から台湾は台北に来ているのだが、台風12号の影響で本日の午後のフライト(私の帰国便)がキャンセルに・・・。 おいおい、どうしてくれるのだ?仕事はわんさか溜まってるのに。 航空会社に電話しても、ずーっと話中。明日の便には乗れるのか? 雨風で観光もままならないし。 もう1泊分のパンツもないぞ。 日本からの風邪薬は底…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

すばらしき猫空

この日は朝から台北市南部の文山区の山の中にある猫空(マオコン)地区へ。 文山包種茶や鉄観音の製造で有名な地域であり、山の斜面に茶畑が広がるほか、60軒以上(だと思う)の茶店がひしめいている、茶好きにとっては夢のような素晴らしい地域である。 また、「まおこん」という名前の語感もいい。猫好きの私にとっては、ふしゃふしゃした毛…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水餃子、そして猪脳湯 in 台湾

4月23日(月)の夜に喰ったもの。この日の早朝に友人たちは帰国したので、私と妻と妻の友人のSandyの3人で晩御飯。 まずは、ガイドブックにも載っていない、というか、台北のタクシーの運転手でも知らない人がいる、超地元密着型の夜市「南機場夜市」へ。 ここでのお目当ては、激ウマ水餃子。 周りにも餃子を食べられる店がある…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

卒業旅行in台湾

ということで、先日書いたように、DBSでの友人と台湾に卒業旅行に行ってきた。 学校でアサインメントに日夜追われていた頃に比べて、友人たちの素に近い部分を見ることができてなかなか面白かった。 旅行という開放感に溢れたある意味非現実的な側面では、個性が全開になるのであろうか。学問に集中していて隠れてしまっていた部分が一気に暴…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

卒業旅行!?

明日、ビジネススクールの仲間と卒業旅行と題して3泊4日で台湾へ。(ていうか、4時間後には関空に向けて出発だ。) 卒業旅行と言えど、最終的には色んなメンバー構成になった。 参加メンバーは、今回のリーダーであるMさん。うちに泊まりに来てむせび泣いていた姿は記憶に新しい。そして、日夜水を飲みながら英会話とジムに足繁く通うKさん。会社が大…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

台北での出来事・その3

楊さんが見つかった! 私は一足先に帰国してしまったが、未だ台湾にいた妻の携帯に電話をしてきてくれたのだ。 妻も妻の友人も感動の嵐だったらしい。 なかなか住所を教えてくれなかった上に、 「タクシーの運転手だからお客様の忘れ物はちゃんと届けてあげるのが当然の役目だ!」 と言っていたらしい。感動ですわ。 しかも、財布に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

台北での出来事・その2

昨日からの続き。 結局、財布を紛失して即、できたこと。(3月11日の23時頃から12日の1時ごろにかけて) 台湾の警察への届出。タクシーへの無線連絡。(これらはホテルが代行してくれた。) クレジットカード、銀行キャッシュカードの無効化。 一応、打てる手は打てた。あとは、果報は寝て待て、だ。 しかし、中身の現金は、台湾の…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

台北での出来事・その1

3月9日の夜から台湾は台北に滞在している。 起こってしまった驚くべき事件をば。 その事件が起こったのは、3月10日(土)の現地時間・夜10時ごろ。 とある場所から皆でタクシーに乗り込み、台北の名物である夜市へ。 6人で行動していたのだが、私は日本人・4人の行動資金を預かっていた。 タクシーの支払いを済まし、下車。 こ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

Funny things in Macau

マカオ第4弾は、現地にユニークな変わり者(?)たちを集めてみた。 まずは、15分おきにどっかんどっかんくるド派手なホテルの噴水から。 さすが、カジノホテル・・・。綺麗というより、その迫力に圧倒、唖然とさせられる。 こちらは、綺麗と言えるかな? 夜景ついでに、Wynnホテルの向かいに構えるホテル・リスボ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Meals in Macau

マカオ・シリーズ第3弾は、いただいたお料理にフォーカス。 これまで、このブログを読んでいただいている方は、「また、変なものを食べたのでは?」と思われるかもしれないが、今回は、極めて、いや、まあまあノーマルである・・・。  いや・・・、人によっては「げっ!」と思われるかも?? <1日目の朝> JALの機内食。 配りに来たが、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Skywalk in Macau

カジノよりも面白かった体験は、マカオタワー(高さ338m)の61Fの展望台(高さ233m)の外を歩くSkywalk Tourであった。 他に、展望台からのバンジージャンプやタワーの先端までよじ登るツアーもあって、マカオ人の破天荒振りには驚かされる。これらのアトラクションの詳細はマカオタワーのウェブサイトをご覧あれ。 http://w…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Casino in Macau

ひょんなことから、週末2泊3日でマカオに滞在。泊まったのは、昨年9月にオープンしたばかりというWynn Hotel。ラスベガスからマカオに進出してきたホテルだ。 香港が強力な経済に牽引されているのとは対照的に、隣のマカオはエンターテインメント産業で成り立っているようだ(日本の外務省によるとGDPの約4割、政府歳入の約7割が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

食在台北(後編) ワニを喰う

11月19日(日) で、とうとう晩御飯⇒ワニ鍋である。妻がご丁寧に予約までしていてくれた。 説明は抜きにして、まずはご覧あれ!! 見た目で引いた人・・・日本人として正常な反応です。表面の硬いウロコは取り除いてあるのだが、ワニ皮ハンドバッグのワニ模様は、はっきりしっかりくっきり完全にそのまま残っています! では、ア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

食在台北(前編) 鶏の指を喰ふ

台湾で食ったもののご紹介。各方面にお待たせしていたワニを喰った話である。 他に蛙、鶏の指、鴨の血をも喰った。長くなるので、今日は前編ということで。 11月17日(金) 関空から台北へ。NWのまずい機内食を強制的に配布される。たっぷり残す。写真などなし。 台北には夜に到着。友人宅で、小腹がすいていることを見透かされ、東坡バ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

台湾: 茶を嗜む

台湾は「中国茶」好きにはたまらない。昨今の中国茶ブームで日本でも良質の茶葉や茶器が手に入るようになったが、問題は値段である。下手すると台湾の3倍ぐらいの値段をとっているところもある。  (写真は九份茶坊) 初めて台湾に行った時には、鶯歌という台湾最大の陶器の街(台北から南西に鉄道で約40分)に行った。通り沿いに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台湾・台北: 海老蝦エビ

今回、台北の友人夫婦とエビ釣りに行った。日本では馴染みがないが、台北のとある場所にはエビ専用の釣堀が並んでいる。1時間・1竿借りて、NT$250程度。約1000円弱だ。 中はこんな感じ。プロフェッショナルなオヤヂをはじめ、カップルや、家族連れで賑わう。(写真は早い時間だったため、人が少ないが、この後、お昼が近づくにつれ、ど…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

台湾・台北: 顔顔顔

台北で見つけた「顔」を集めてみた。 まずは、台北の新しい顔、Taipei 101である。今年で3周年とのことだ。 101階建てのこの建物、最近までは世界一の高さを誇った。(現在は東洋一らしい。)東芝製の世界最高速エレベーターで89階の展望台まで39秒。大都会・台北を象徴する表の顔であろう。 展望フロアーをギャラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台湾・台北

ちょっと訳あって、4泊5日で台湾は台北に行っていた。今回で4回目(3年間で)であるが、台湾に対してかなり親しみを持てたことが、今回の旅の大きな収穫であった。 (写真は英雄・蒋介石をしのぶ「中正紀念堂」) これまでは、モノゴトに対して確実に「拒絶」や「反発」や「批判」から入っていたが、最近年齢と共に少し大人になったためか、まず…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

香港の写真館(完結編)

まだやるか!という感じですが、今回で香港ネタは最後にします。今日は、香港で食したものを紹介。 まずは、2回目の登場ですが、初日に食した蛇羹。再登場です。 2日目の昼は、会社のミーティング参加者全員で広東式の飲茶を囲みました。40階のレストランで眺め抜群でした。映ってるのは左から、プエルトリコ人、マレーシア人、香港人、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

香港の写真館(その2)

第二弾。街を歩いた。これは壮士敦道(Johnston Rd.)の風景。イギリスの名残らしく、二階建てバスが走り、世界でここだけという二階建てのトラム(路面電車)が走る。建物から突き出た色とりどりの看板が印象的。 ホテルは海辺に建っている。ホテルのすぐ横には、向かいの九龍行きのフェリー乗り場がある。 ドラッグス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

香港の写真館(その1)

香港で撮った写真を並べておこう。まずはヴィクトリア・ピークから、いわゆる百万ドルの夜景。 ここには、ピークトラムというケーブルカーでのぼる。すぅごい角度、かつ、すぅごいスピードでどんどんのぼる。飛行機の離陸のときのようなGがかかる。トラムの席は固定なので、帰りは背を下にして、すぅごい角度で落ちていく感じ。 泊…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

香港にて・・・蛇を飲み干す

五蛇羹(5種類の蛇が入ったトロトロスープ)を意外においしくいただけたことに気を良くした私は、もう一種類の蛇スープにも挑戦した。蛇湯というもので、トロトロの「羹」に対して、こちらは「湯」=サラサラスープである。 会議が行われている会社からホテルに戻るディープな小道で、「蛇王桑(←変換不能)」という蛇屋を見つけた。こちらは、先日の「蛇…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

香港にて・・・蛇を喰らふ

香港にて蛇を喰らった。初めて爬虫類を喰らった。 地球の歩き方に蛇スープが名物の蛇屋のことが出ていたので、新米ブロガーとして話題の一つとして写真でも撮ろうと軽い気持ちで蛇屋に向かった。蛇をさばいている現場にでも出くわすかも?という期待もこめて。 着いてみると、「蛇王二」という毒々しい看板。しかし、肝心の蛇は外から見ても全く見え…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

香港にて (その3)

とりあえず、仕事が終わった。 今回の内容を会社に持ち帰り、11月からテスト的に実践、来年1月から本番実行である。 12月決算の会社がなんでまた、これから忙しくなるこんなギリギリに新しいことを始めるのか甚だ疑問である。もう少し早く着手してほしかった。 ほかの国の人々は、日本人が「こんなこと聞いたらあほと思われるんちゃうか・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港にて (その2)

スイスのIMD(国際経営開発研究所・ヨーロッパでトップクラスのビジネススクール)が毎年発表している国際競争力ランキングによると、2006年では、香港は米国に次いで2位である。(ちなみに日本は17位) IMDの評価基準では「その国の企業活動を支える政治、経済、文化、教育等の政策、制度、インフラ等がどの程度整っているか」という観点が重視され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

香港にて

 昨日から出張で香港に来ている。日程は4泊5日だ。  昨日の日記を見ていただいたらわかるように慌しい事前準備となったが、結局、出発前日の睡眠は2時間弱となった。それでも、MKの乗り合いタクシーの中で2時間熟睡し、関空の待ち時間でガイドブックを読破して滞在中のプライベートの予定をたて、そして、飛行機の中でも3時間は熟睡できた。なかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more