上下西東 2008年11月

なんともはや前回の更新から2ヶ月以上の放置・・・。
色々とネタはあったのだが、何か気分が乗らない。
とはいえ、枝魯メニューを更新することは半分使命であるゆえ、なんとか気持ちを奮い立たせて更新をば。

既に12月メニューも食しているのであるが、順番から行くと11月メニュー。
11月は関西に戻る機会が無く、四条川端の元本店「枝魯枝魯」、及び、「枝魯枝魯ひとしな」での5年に及ぶ連続訪店記録が途絶えてしまった・・・。
連続訪店は別としても枝魯枝魯に通い始めたのが2001年ごろで、訪店回数は優に3桁の大台を超えていたのだから、生活のリズムが狂ってしまった感がある。
今回のメニュー紹介も料理の内容は本店と同じとはいえ、写真は「上下西東」での11月メニューというところが少し悲しい・・・。

11月19日の話であるゆえ、味を正確に覚えているかどうかは定かではないが、既に終わってしまってどの店でも食べられない11月メニューのスタート。


まずは、九条ネギを混ぜ込んだ卵地に柚子の香りを散らした茶碗蒸し。具材は雲子、むかご、そして梅肉。

画像


続いて前菜5種盛り。
奥のレンゲの中は、アオリイカと炙ったからすみに壬生菜の添え物。時計回りに、蟹味噌と蟹身の揚げ焼売(リンゴ果肉入り)。ブルーチーズと焼き茄子を一緒に炊いて作ったパンナコッタ、松の実添え。鰤トロの酒粕焼き。右下に離れたものが、柿の昆布〆と胡瓜の胡麻酢和え。

画像


椀物。
あん肝のしんじょと蓮根、焼いた海老芋の白味噌仕立て。その他、具材として乗せられているのがワカサギの唐揚げ、ホウレン草、辛味大根。
焼いた海老芋には深い甘みと香ばしさが共存しており、それが白味噌の風味とベストマッチであったことも楽しめたのだが、それよりも味からも視覚からも京都を思い出させる嬉しい一皿であった。

画像


続いて、カワハギのお造り。

画像


上の写真では大葉で見えないが、その裏には醤油代わりの薬味が隠れている。
舞茸・カワハギの肝の燻製・とんぶり・本山葵を混ぜたもので、燻製の香りと肝の苦味がカワハギの甘みを引き立てる面白い試みになっていた。

画像


続いて、箸洗い。
牡蠣の酒蒸し。ほかに九条ネギ、牛蒡、京人参、生姜が入る。
出汁には充分な香りと甘みがあったが、生姜をもう少々効かせると更に良かったのでは?

画像


ところで、碗蓋の裏の模様が美しかったので、パチリ。

画像


今月のメイン。
鴨ミンチと春菊、栗で作ったハンバーグ。写真では見にくいが、その下には、炊いた小芋をペーストにしたものが敷いてある。添えものには、稲穂揚げ、干し椎茸の甘辛炊き、薩摩芋チップ、炊いた白蕪のソテーと白蕪の葉を赤蕪の千枚漬けで巻いたもの。
ハンバーグ自体は残念ながら「?」であったが、赤蕪の巻物は非常にジューシーで◎であった。

画像


ご飯ものには、一夜干ししたハタハタと丹波しめじの混ぜごはん。赤だしは、カワハギの骨を出汁にしたもの。香の物は、白菜のナムル風とからし菜。

画像


最後のデザートであるが、なんと写真を撮るのを忘れてしまった。
デザート対決の結果だけ掲載しておく。本店オリジナルの4品に、東京オンリーの2品が加わった6品構成。通常よりも更に圧倒的不利な状況で勝負を挑むも私は全敗、妻はOnly1勝・・・。

画像


メインがしっくり来なかったせいか、あるいは場所によるものなのか、東京の板前の腕によるものなのか、11月は「もう少し頑張りましょう」という評価。




ところで、当日は、男前の板前として名を轟かせている松本氏の誕生日翌日。
上下西東にも様々な贈り物が。

バースデイケーキ。

画像


柿。

画像


我々からは、BDには鬼おろし。旅行の土産にオリーブオイルなど。

画像


画像



<一部の方々へのご連絡>
今回、特筆すべきは、ようやくこちらの方に御目文字できたこと。
写真では定かではありませんが、彼女は立ち上がって背伸びをしているようです。

画像


以 上


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ニコニコまる
2008年12月23日 12:07
猫ちゃっちゃっ先生久しぶりどす~♪
江戸には慣れましたか?
今回初顔合わせでしたが・・・
楽しませてもらいました☆
次回からは容赦なくいきますから覚悟しといてくださいな(笑)
また、会えるの楽しみにしてま~す☆
猫ちゃっちゃ先生
2008年12月23日 23:14
>ニコニコまるどの
いやはや記事が遅くなって申し訳ない。
慣れる慣れないどころか絶好調どすえ。
初対面でアレだったということは「容赦なく」来られた折には、更にオモロクなるってことで非常に楽しみ!
受けて立ちますわ、もちろんのこと!
かつを
2008年12月27日 11:40
気持ちこめた(!?)メーッセージよりも
マジックにクレームが入るとは・・・。

受けて立つなんて、やめなはれ。
ちびっこくても態度は相当デカイぞ!
阿仁えの
2008年12月31日 11:09
>かつを殿
そりゃしゃーないわ。彼らにとってはまさに食材やからね。

いやいや、まるっことは上手くやっていけそうな気がするのですが甘いっすかね?そんなに毒はなさそうな気が・・・。
かつを
2008年12月31日 12:40
ちびっこい人は、意外にも人見知り屋さんで。
最初の『いけそうな気がする~』を
後に後悔するくらい、大きな態度で
向かってくるんですわ。
S型の中でも、ちょっど変わった種類かも。
お気をつけなされ。
reng-kong
2009年01月01日 02:40
ワタシからも忠告するわよん
毒で出来てます!
松氏ですら当初と違ったヤツに
戸惑っておりましたから…
ま、それを気にしなければ
イイ奴です

この記事へのトラックバック