修学院・焼肉 「はつだ」

巷の噂(値段と敷居が高い・・・)から、「いつかは・・・」と思いながらこれまで縁がなかった焼肉の「はつだ」。
京都を去る予定が決まって6月29日(随分前の話だが・苦笑)にようやく訪れ、「値段も敷居もどうにか大丈夫!」と確認した我々は、「こんなに美味いなら何故もっと早く行かなかったのか!」と猛烈に後悔しながら、それ以来3回の月イチペース。

画像


伊勢丹で売られている特選和牛弁当や芸能人や野球選手の来店で有名な「はつだ」であるが、その実力は噂に違わず素晴らしいものであった。
以下の写真からもクオリティの高さは一目瞭然だと思う。

まずは、生ものから、ユッケ。
画像


生のタン。
画像


生ミスジ。霜降りの甘みは言わずもがな最高だが、ちょっと霜降りが過ぎて私的には少々マッタリ感強し。
画像


突き出しとして出てくるサラダと、オーダーした大根スープ。いい味が出ています。
画像


続いて焼き物は、塩タン。レモンと塩でいただく。
画像


そして、ポン酢でいただくロース。これ最っ高。
下のタレ焼きもいいのだが、脂ののりがいいので、私はポン酢であっさりいただくほうが断然好きだ。
ひとたび口に入れて咀嚼すれば、「この幸せがいつまでも・・・」と自ずと思ってしまうほどの旨みが広がる。
画像


こちらは、タレ焼き。ロースの薄切りとハラミ。脂でタレがはじいている!
画像


このロース薄切りのタレ焼きがまた旨い。上のポン酢ロースに負けず劣らず最高である。
昔から、厚切りの焼肉よりも薄切り肉のほうが実は好きなのであるが、なぜだろうかと理由を考えてみた。
厚切りの焼肉はある程度の咀嚼を経て肉の旨みに辿り着くが、こちらは口に入れてわりとすぐに旨みが広がる。そして、写真のような薄切り肉は一度に口に運ぶ枚数が厚切りよりも確実に多くなるため口の中での肉の表面積が広く、その味わいの広がりも厚切り肉よりも早くて広い。よって?より美味く感じる・・・?から?なのか?
これをご飯と一緒にいただくともうたまらない。これを食べにもう一回来よう、と思ってしまう。
画像



今回、京都を離れるにあたり、五山の送り火の日に最後の「はつだ」と相成ったが、未体験である伊勢丹の「はつだ特選和牛弁当」を是非食べておきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みどり虫
2008年08月21日 08:56
ううぅ~
最近肉喰ってないと
飢えてた矢先のこの写真!
とりあえず相棒と弁当狙いかな。

あまり旨き物食べ過ぎると困ることになりまっせ
レバーおばけ
2008年08月21日 12:12
生レバーはどこ~?
一番おいしい生系なのに・・・
あおむし
2008年08月23日 11:43
この記事を見て思い出したけど
はつだの焼肉弁当は、京都初心者の頃
食べてたわ!
しかも、夕方には無くなるとの事なので
14時くらいには買った記憶がある。
新幹線の中で、嬉しそうな顔の写真が
懐かしいナリ。
阿仁えの
2008年08月23日 23:16
>みどり虫どの
ハロー。
とうとうです。
でも、雨模様がいやですね・・・。

困る・・・というか、新しいところで既に途方に暮れることは目に見えていて・・・。
君たちが頼りなのだ!
阿仁えの
2008年08月23日 23:18
>レバーおばけどの
いやー、生レバーの写真は撮るには撮ったのですが、カメラの設定を間違えて、掲載に耐えないクオリティになってしまい・・・。
次回(いつだ?)は必ず。
阿仁えの
2008年08月23日 23:24
>あおむしどの
ううむぅ・・・ついていってなかったわ。
自分のPCがつながったら確認するわ。

今度は弁当ではなく、店のほうも訪れてみてくだされ。限られた時間ではなかなか踏み切れないかもしれないが、クオリティは素晴らしいぜ。
haya38
2008年08月26日 15:28
兄貴、とうとう旅立たれましたか。旅立ち前に一度、と思っていましたが・・・

ここは行きつけ風呂屋の隣にありながら訪れたことなく・・・
できれば予算など教えてくださいませ。
阿仁えの
2008年09月14日 15:31
>haya38どの
ようやくネットの設定を完了したので、かなり遅い返信になって申し訳ないっす。
呑む量、食べる量にもよりますが、呑む量の少ない私なんぞの一人当たり金額は「通常の飲み会金額X1.7」ぐらいではないでしょうか?

巷の噂から、最初は緊張して入りましたが店員さんも親切なので恐れることはありませぬ。行ってみてくだされ。

旅立ったとは言え、どこかで会う機会はあるはずなので、また、よろしく。

この記事へのトラックバック