テーマ:Monology

誕生

本日、娘が誕生した。第一子である。 3408g、51cm。 嬉しい気持ちは勿論だが、人間一人をこの世の中に発現せしめた責任をひしひしと感じる。 そして、この子が生き抜く未来が平和で希望に満ちあふれた世界であらんことを切に願う。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

41歳の春

本日にて、元祖天才バカボンのパパと同じ年齢だ。 http://www.fukuchan.ac/music/anime/bakabonnoharu.html 赤塚先生の歌詞が染み入る。
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

2008年の漢字

一昨年・昨年に引き続き、自分にとっての「2008年の漢字」を考えてみた。 過去2年は比較的簡単に思いつくことが出来たのだが、今年は少々てこずらされた感がある。というのも、前半と後半で環境が大きく変化し、1年を通して括れる一字を探すもなかなか見つからなかったのだ。しかし、その「環境が大きく変わったこと」自体を漢字で表せば良かろうとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五山の送り火

今年の五山の送り火。 雨の心配もあったが、なんとかセーフ。去年同様、家の近所と家のベランダで楽しむ。 で、圧巻はやはり眼前に迫る「法」の字。 「船形」がほぼ完全な形で見えるのもなかなかよろし。(ちょっと遠いけど) 過ぎ行く夏を惜しみながら(暑かったけど)、そして、間もなく京都を離れる寂しさを感じながら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コクワガタ

いやはや、1ヶ月強も更新できていなかった当ブログ。 ようやく仕事が一段落して、今週は更新強化週間と銘打って、毎日更新を目指します。 初日の今日はコクワガタ。 6月14日に実家の近くで捕獲。 しかし一体何年ぶりか!? 小学生の頃は、夏になると毎日のように近所の神社や川べりの並木に探しに行ったものである。 実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言語矛盾

ネットで仕事上の調べものをしていたら、こんな説明を発見。 思わず笑ってしまった。 (以下、抜粋) 法人税法上の非同族の同族会社とは、同族会社ではあるものの、同族会社の判定において「同族会社である法人」を判定の基礎となる株主から除いて判定すると同族会社とはならない同族会社のことをいいます。つまり、同族の同族会社以外の同族会社のこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

携帯用の箸

四条堺町を下がったところにある市原平兵衛商店にて携帯用の箸、および、京友禅の箸袋を購入。 手前のように半分にされたものを真ん中のネジで繋ぐと、奥のような完成形となる。 私にはやや短いのだが、それでも一般の箸に比べれば使いやすく、また、縞黒檀の優しい感触とその美しさから大変気に入りました。 市原平兵衛商店の箸は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

涙・二週間分 870円

血はあるが涙のない人間、ということで、ドライアイである。 11月ごろから目がショボショボしはじめ、3月中旬ごろまで続く。 この期間は、涙を購入して生きている。 妙齢の婦女子のブンピツブツを某いかがわしいショップで購入するのではなく、涙の代替物として生理食塩水を眼科医にて処方してもらうのである。 写真は、その生理食塩水。一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降雪

最近、降雪が多い。 今現在も吹雪き続けているが、この写真は、2月9日(土)のもの。 五山の送り火のうちの一つ「法」。 町並みも雪化粧。 何もかも全てを包み隠すのは是なのか非なのか?
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

1月25日朝

前回の続き・・・。 結局、道路には積もらなかったが、出勤時の光景はこのようなもの。 ベランダの手摺はこの状態。 私の利用する交通機関には影響なし。 帰宅時には、ほとんど残雪なし。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

現在・雪

がんがん降ってます。舞ってます。 写真では分かりにくいですが、右下の蛍光灯のあたりの微かな白い線は、横殴りの雪です。 見る見るうちに、うちの車が真っ白に。 明日の朝、普通に出勤できるのか??
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2007年の漢字

学校のプロジェクトルームで過ごした昨年の大晦日から早一年。今年も瞬く間に時が流れ、最後の干支の最後の日。 昨年に引き続き、自分なりの「今年の漢字」を考えてみた。師走に入ったあたりから、時々思いを巡らせては今年の自分を表す一字を探していた。 辿り着いたのは、こちら。 これまで引っ込み思案で、かつ、妙なプライドから他人…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

明○家サンタよ永遠に

今年のツリーは、たけうちのツリー。 いただいたもの。 丸、かつを、看板娘、ありがとう。 ん? てか、かつをからは何もいただいてないぞ。
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

瑞巌山 圓光寺

この日が最終日であった圓光寺のライトアップへ。 このお寺、この季節でなければ閑散としており、ゆっくりと庭や水琴窟を楽しめるのであるが、さすがに日曜日で、かつ、ライトアップの最終日ともなると、思った以上の賑わいであった。 お庭のライトアップは、普段は上がれない本堂から観賞するシステムになっている。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

洛北散策

先日、日曜日は手軽な範囲で紅葉を楽しむ。 残念だったのは妻が風邪でダウンのため、独り散策になってしまったこと・・・。 まずは、金福寺へ。 普段は緑映える苔庭が、この時期ばかりは真紅に覆われる。 名は知らないが、美しき色合いの愛らしい葉。 見上げると紅い天井。 続…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

±0 Humidifier Ver.3

何かというと、加湿器を購入したのである。 3年前ぐらいからドライ・アイの症状に苦しみ、11月から3月ぐらいまでは処方された目薬の世話になる。空気が乾燥しているかしていないかは、目の乾き具合で一発で判断できる。 つい先日、弊社のオフィスの空調がグレードアップしたのはいいのだが、暖房を入れると以前に増して目の渇きが気にな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

SIMPURE L2

何かというと、携帯を買い換えたのである。 これまで使っていたものは、購入してから既に50ヶ月(!)を経過しようとしており、約5分の通話でバッテリーが1/3になるという事態に陥っていた。 とはいえ、とりあえず電話とメールは使えるし、最近のちゃらちゃらした機能は不要だし、買い換えるにも気に入ったデザインが皆無・・・という…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

再会の宴 @たけうち

高校時代の友人たちと「再会の宴」。国連やNPOを通して、長くアフリカの国々で支援活動に勤しんでいる後輩・Nさんが久々に帰国していることから、腐れ縁の親友同級生・U氏とともに3人で「たけうち」にて。 約10年前に会社を退職した彼女、ベルギーやイギリスでボランティアを学んだあと、モザンビークや東チモールなどでの活動を経て、最近ではアン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

CIA

と言っても Central Intelligence Agency アメリカ中央情報局ではなく、Certified Internal Auditor 公認内部監査人である。 その資格試験を本日受験。年に2回、5月と11月に行われる。 主催は国や地方自治体ではなく、IIA 米国の内部監査人協会。米国発祥の資格であるが、日本において…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

A

10年以上ぶりで訪れた「A」(仮称) 古い日本人形から新鋭の作家の作品に至るまで、様々な人形に囲まれる空間。 ある者は鈍い光を放ち、ある者は虚ろな目でこちらを見つめる。 それこそ17~8年前の学生時代には良くお邪魔していた。一体、最低数万円はする人形を購入できるはずもなく、その時が止まったような異空間の静けさと、触ってもピクリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金沢・能登へ その6(百楽荘)

千里浜なぎさドライブウェイを後にして、ひたすら九十九湾を目指す。 2時間ほどかかって目的地の宿、百楽荘へ到着。温泉ではないが、手彫り(!!)の洞窟風呂に、汲み上げた海洋深層水のお湯がウリの旅館である。 小高いところに建っているため、2Fの客室からでも、このように九十九湾が見下ろせる。 貸切半露天風呂からも九十九湾が。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

金沢・能登へ その2(金沢21世紀美術館)

回転寿司で空腹を満たした後は、目的の一つである「金沢21世紀美術館」へ。 開館以来、いろいろな意味で注目を集めている数少ない「成功している美術館」の一つである。私の周囲でも幾人かが訪れ、一様に「面白かったよ」との感想を伝えてくることからも、金沢では絶対に外せないスポットであると楽しみにしていた。 ガラスで囲まれた円形…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金沢・能登へ その1(回転寿司)

三連休を利用して、金沢・能登方面へ。 目的は金沢の21世紀美術館、能登の千里浜なぎさドライブウェイ、露天風呂、そして言わずもがなウマイもの(特にノドグロ)。 突然のアクシデントに見舞われることしばしばの我が家の車の心配をしつつも、「ま、なんとか大丈夫やろ」という根拠のない楽観的推測とともに土曜は朝9時過ぎに出発。 写真は、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

メタボおやぢの園

仕事が山を迎えていて、今日もホテル滞在。 自宅と会社を往復する時間がもったいないので。 タクシーで帰るより、確実泊まったほうが安いというのもある。 で、24時過ぎにチェックイン。 先日とは別のホテル。今日のホテルの地下には天然温泉の大浴場。 最近の忙しさに年齢要素が加わり、疲れが抜けきっていない。 ということで、24時半…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

足止めの顛末

足止めの顛末は、3連休に3連投という形でのしっぺ返し。 1時前まで会社にいて、今日は会社近くのビジネスホテルにお泊り・・・。 やってられねぇ・・・とばかりに、アセトアルデヒドの分解酵素が少ない体質にもかかわらず、こんなものを摂取。 ていうか、こんな時間にこんなカロリー高いものを投与してしまったことを急速に後悔。 ま、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

虫愛ずる・・・

実家へ。田舎は虫の宝庫である。(注:ちょっとグロい虫も登場するので、苦手な方はここでストップしておいたほうがよろし。) 田んぼで見つけたナナホシテントウ。緑と赤のコントラストが美しい。 茄子の葉の上の、テントウムシ。ホシの数は26? 水玉祭り。何故ゆえに自然は奴を創り賜うたのか? 田んぼで見つけたおんぶバッタ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

遠方より朋が来た!その2

前回の記事からちょっと間があいたが、予告どおり食べたものの話。 突っ込みどころ満載の京都タワーを出てランチに向かったのは、京都駅ビル内にある、とんかつの「かつくら」。 外国人に食べさせるもので、経験上、最も無難なもののうちのトップに君臨するのが「とんかつ」である。これまでアテンドした外国人は洋の東西を問わず一様に「とんかつ=美味…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遠方より朋が来た!

約4年ぶりの友人に再会。 米国で働いていたときの同僚で(今は別の会社だが。)出張で山形と東京に約4週間の滞在予定である。週末を利用してわざわざ京都まで会いに来てくれた。 友人が来ると当然京都を案内することになるのだが、そのコースはその人のバックグラウンド・興味・京都来訪回数・本人の希望によって大きく異なる。 今回は、「初め…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ダイソンが来た。

掃除機の吸引力が極度に低下し、いつ壊れても不思議ではない状態に。 ということで、前々から気になっていた「ダイソン」を中心に検討する。 家電ショップに行くと、ダイソンと同じサイクロン式でも様々なメーカーから様々な種類が。 これまで通り紙パック式まで考えると、その選択肢は無数に広がる。 ネット上で評判を調べてみても、賛否両論で決…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more