テーマ:Takeuchi

「たけうち」でスローフードを満喫

この日の「たけうち」には、私の好きな人々が思いがけなく集ってくれたので記念として記録しておく。 その人々とは関係ないのだが、よい写真が撮れたので、まずはこちらから。 滅多に出回らないという天然の琵琶鱒である。 全長、40cmはあっただろうか。 その刺身がこちら。 一番右のオレンジ色がそれ。ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ふぐ祭り

ふぐ祭りも今年で3年目。 去年とメンバーが少し変わりながらも今年も仲間内で河豚を堪能。 今回の特筆事項は、「たけうち」の大将に参加いただいたこと! 河豚の調達も「たけうち」ルートゆえ、質の良いものを仕入れ値でいただくことができた。 その他、「たけうち」で出てくる激ウマの赤葱。 これは「なかひがし」にも入っているという相…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「たけうち」・・・大蔵ざらえ2007

ブログの更新頻度が低下するも、「たけうち」への訪問頻度は上昇。 料理の写真は溜まる一方。 ・・・で、溜め込んだ写真のうち、これまで登場させたことのない料理を中心に一挙放出! その日の仕入れによって大きく変わる「たけうち」のメニューゆえ、一つの記録として残しておく意味もこめて。 <2007年11月3日> この日は、グ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

今年最後(?)の美味きもの

間もなく東京へ出発。 その前に、本日購入した、あるいは、いただいた美味なるものの紹介で、食べ物関係は締め括り。 まずは「たけうち」特製、正月用のロースト・ビーフ。 先日、大いなる期待と共に予約をしていたもの。 取りに伺ったとき、お店で少々試食させていただいたが、そのジューシーさたるや、今までのローストビーフが何だったのか、と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

二夜連続@たけうち

親しくさせていただいているプロの写真家ご夫妻がNYから帰国中。 紅葉をお目当てに京都に暫く滞在されていたので、再開の宴を「たけうち」にて。 共通の知り合いであるグルメ師匠(負傷中)も一緒である。 全く違う世界を生業としているため、お仕事の話を伺うとかなり面白い。 さすがプロの写真家で、その行動たるやすさまじい。 早…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

晩ご飯@たけうち 2日連続

①昨日の牛肉のお吸い物に中てられた、②妻が不在、③遅くまで残業する意気込みがシステム・ダウンによって中断させられた、という3つの条件が重なったこともあり、21時ギリギリというか、ちょっと回ったあたりに「たけうち」に滑り込む。 本気で昨日と同じものを頼もうと思っていたのだが、竹内さんのオススメで、一人鍋と相成った。(えらく寒…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

晩ご飯@たけうち

①休日出社で遅くなる、②妻の不在、③たけうちでグルメ師匠と新地「しまおか」のご夫妻の宴がある、という3つの条件が重なったこともあり、日曜洋画劇場特別企画・秋のTRICK祭「TRICK-劇場版2」の録画を実家に頼んでまでして、たけうちに出陣。 最近、枝魯を通じて親しくさせていただいている友人もTRICK好きということが分かり、自分の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

再会の宴 @たけうち

高校時代の友人たちと「再会の宴」。国連やNPOを通して、長くアフリカの国々で支援活動に勤しんでいる後輩・Nさんが久々に帰国していることから、腐れ縁の親友同級生・U氏とともに3人で「たけうち」にて。 約10年前に会社を退職した彼女、ベルギーやイギリスでボランティアを学んだあと、モザンビークや東チモールなどでの活動を経て、最近ではアン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「たけうち」にて夜長の膳 そして 「ツッカベッカライ カヤヌマ」

イル ギオットーネでのランチ終了とともに一度解散した我々であったが、秋の夜長を楽しむべく、いつもの「たけうち」に集結。 昼間にある程度打ち解けられたのに加え、今度は、我が妻も合流しているので、昼間の恐ろしい緊張感からは開放されている。 お二人も着物から平服に着替えられたので、気分的にもカジュアルに。 季節を感じるさり気ない心遣…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

癒しの「たけうち」

日々、終電の毎日。今日で3日連続と相成る。 少しずつネタはあってもブログを更新する時間もない。 でも、先日、出くわしたこの逸品だけは載せないとバチがあたる。 ノドクロの焼き物。 8月にいただいたときは、まだまだ小さいナリをしていたノドクロであったが(とはいえ抜群のお味であったことは特筆すべき事実)、であったが・・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

週一ペースの「たけうち」

hayaさんから登板数No.1と指摘された「たけうち」。実に3週末連続登板という中毒状況に陥っている・・・。だって、あの素材をあの味付けとあのお値段で出されて、しかも常にまったり落ち着けるとなると回数も増えるというもの。 「たけうち」の魅力は、単に料理だけではない。 写真は、昔の「伝票挿し」ということだが、いつもこのような珍しい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

遠方より朋が来た!その2

前回の記事からちょっと間があいたが、予告どおり食べたものの話。 突っ込みどころ満載の京都タワーを出てランチに向かったのは、京都駅ビル内にある、とんかつの「かつくら」。 外国人に食べさせるもので、経験上、最も無難なもののうちのトップに君臨するのが「とんかつ」である。これまでアテンドした外国人は洋の東西を問わず一様に「とんかつ=美味…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

肉と野菜と魚の料理「たけうち」

最近、私の周りのたくさんの方々が「たけうち」を訪れたようで、色々な人から「良かったよ~!」という感想を聞き及ぶうちに「食べたい!」欲望が抑えきれず。先日、ある祝い事も兼ねて出陣。 こんなに素晴らしいお店を教えていただいて、重ね重ねK先生には感謝である。 この日は平日の21時前という遅い時間に店に着いたこともあって…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

肉と野菜と魚の料理「たけうち」 再び

先日訪れた「たけうち」が、あまりに美味しかったので、6月15日(金)に再び訪れた。 この日も、ボードには美味しそうな料理の数々。どれも食べたいが、食べられる量はもちろん限られる。また、今回は妻と2人でやってきたので、前回の3人態勢に比べると自ずと品数を減らさねばならない。 これは、非常に悩ましい・・・。厳しい取捨選択を迫られ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

肉と野菜と魚の料理「たけうち」

若冲展の後に訪れたのは、昨年、DBSのK先生に教えていただいた「たけうち」。 さすがにかなりのこだわりをお持ちのK先生である。去年ご一緒させていただいた時に、すぐさま「たけうち」ファンになった。 ここの素晴らしさは素材の良さに尽きる。 素材の斬新な組み合わせを楽しむ枝魯に対して、素材が一本気に攻めてくるのが「たけうち」という感…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more