北新地 「斗々屋」

たけうちの大将のオススメである、大阪は北新地の「斗々屋」にグルメ師匠を先頭に職場の3人で出陣。 場所柄もあって、出勤前の同伴の方々や「先生」と名のつく職業の方々が多いようだ。実際、隣の席には美しい薄蘇芳色の着物を召されたクラブママと思しきしっとりとした女性を連れたオジサンのグループであった。 いきおい、単価的にはたけうちや枝魯枝魯の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

柚子果汁

100%の柚子果汁。 その濃縮された香りは高知県は北川村から届けてもらったもの。珍しそうだが、実は私にとっては子供の頃から馴染みのあるもの。 例えば、お吸い物に数滴、鍋物にちょっと加えるだけで、その新鮮な香りの広がりとともに南国の山あいの緑と黄色の風景が脳裏に浮かぶ。 柚子果汁のほか、柚子酢で作ったちらし寿司を子供の頃、よ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

枝魯枝魯丼(または枝魯重)そしてルタオ

12月の2回目。 あと半月でお役目ご苦労。 2回目でしかも夜遅かった(11時)ので、この日はコースではなく、幻の「枝魯枝魯丼(またの名を枝魯重)」と、美味しかった「ぶり大根」を事前にオーダーしておいた。 夜も遅かったので軽めに・・・と目論んだのだが、松氏曰く「痛風まっしぐらの枝魯重!」 確かに、プ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2007年12月

またもや相当アップが遅れてしまったが、12月の献立をば。 その前に、枝氏から掲載を依頼された「バイト募集」のお知らせ。 マジで困っているみたいなので、興味ある方は応募してください。 私は待遇等について責任を持ちませんが。 で、12月の献立。 渡仏のため、今月のメニューを最後に枝氏はコース考案についてはサブに…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

二夜連続@たけうち

親しくさせていただいているプロの写真家ご夫妻がNYから帰国中。 紅葉をお目当てに京都に暫く滞在されていたので、再開の宴を「たけうち」にて。 共通の知り合いであるグルメ師匠(負傷中)も一緒である。 全く違う世界を生業としているため、お仕事の話を伺うとかなり面白い。 さすがプロの写真家で、その行動たるやすさまじい。 早…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

瑞巌山 圓光寺

この日が最終日であった圓光寺のライトアップへ。 このお寺、この季節でなければ閑散としており、ゆっくりと庭や水琴窟を楽しめるのであるが、さすがに日曜日で、かつ、ライトアップの最終日ともなると、思った以上の賑わいであった。 お庭のライトアップは、普段は上がれない本堂から観賞するシステムになっている。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

洛北散策

先日、日曜日は手軽な範囲で紅葉を楽しむ。 残念だったのは妻が風邪でダウンのため、独り散策になってしまったこと・・・。 まずは、金福寺へ。 普段は緑映える苔庭が、この時期ばかりは真紅に覆われる。 名は知らないが、美しき色合いの愛らしい葉。 見上げると紅い天井。 続…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

宝ヶ池にて

久しぶりに宝ヶ池球技場へ。 この時期の宝ヶ池球技場は、試合以外にも楽しみが。借景となる松ヶ崎西山(万灯籠山)の紅葉が非常に美しいのだ。 今日のように雲ひとつ無い青空に恵まれると、どこまでも透き通る天高い青、紅く黄色く色づいた山の木々、球技場の人工芝の目の覚めるような緑、が織り成す晩秋の美しさを堪能できる。 この美し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

裏枝魯

枝氏が素敵な帽子を被っていたので撮影。 アクや毒気が強いものは、アクや毒気が強いものにこそピッタリはまる。その典型例だ。(これ最高の褒め言葉。並みの人間にはできる業ではない。) で、この日はオフのはずだが、翌日何やらイベントがあるらしく、その仕込みに参上なさったというわけ。ちなみにこれは、間もなく丑三つを迎えようという時…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

±0 Humidifier Ver.3

何かというと、加湿器を購入したのである。 3年前ぐらいからドライ・アイの症状に苦しみ、11月から3月ぐらいまでは処方された目薬の世話になる。空気が乾燥しているかしていないかは、目の乾き具合で一発で判断できる。 つい先日、弊社のオフィスの空調がグレードアップしたのはいいのだが、暖房を入れると以前に増して目の渇きが気にな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

SIMPURE L2

何かというと、携帯を買い換えたのである。 これまで使っていたものは、購入してから既に50ヶ月(!)を経過しようとしており、約5分の通話でバッテリーが1/3になるという事態に陥っていた。 とはいえ、とりあえず電話とメールは使えるし、最近のちゃらちゃらした機能は不要だし、買い換えるにも気に入ったデザインが皆無・・・という…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

晩ご飯@たけうち 2日連続

①昨日の牛肉のお吸い物に中てられた、②妻が不在、③遅くまで残業する意気込みがシステム・ダウンによって中断させられた、という3つの条件が重なったこともあり、21時ギリギリというか、ちょっと回ったあたりに「たけうち」に滑り込む。 本気で昨日と同じものを頼もうと思っていたのだが、竹内さんのオススメで、一人鍋と相成った。(えらく寒…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

晩ご飯@たけうち

①休日出社で遅くなる、②妻の不在、③たけうちでグルメ師匠と新地「しまおか」のご夫妻の宴がある、という3つの条件が重なったこともあり、日曜洋画劇場特別企画・秋のTRICK祭「TRICK-劇場版2」の録画を実家に頼んでまでして、たけうちに出陣。 最近、枝魯を通じて親しくさせていただいている友人もTRICK好きということが分かり、自分の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2007年11月

アップが遅くなったが、今回は正式コースをば。 写真は千枚漬け用に鏑を仕込む、まっちゃんとマー君。(タッコ君とライス君) 左右からの包丁の入りが美しい。 11月16日のズームイン朝で紹介されたことにより、予約が殺到しているようで、昔の本店のようになってしまうのか・・・と心配である。 (当方のブログにも、放映時間以降に「枝…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

再会の宴 @たけうち

高校時代の友人たちと「再会の宴」。国連やNPOを通して、長くアフリカの国々で支援活動に勤しんでいる後輩・Nさんが久々に帰国していることから、腐れ縁の親友同級生・U氏とともに3人で「たけうち」にて。 約10年前に会社を退職した彼女、ベルギーやイギリスでボランティアを学んだあと、モザンビークや東チモールなどでの活動を経て、最近ではアン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

CIA

と言っても Central Intelligence Agency アメリカ中央情報局ではなく、Certified Internal Auditor 公認内部監査人である。 その資格試験を本日受験。年に2回、5月と11月に行われる。 主催は国や地方自治体ではなく、IIA 米国の内部監査人協会。米国発祥の資格であるが、日本において…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

A

10年以上ぶりで訪れた「A」(仮称) 古い日本人形から新鋭の作家の作品に至るまで、様々な人形に囲まれる空間。 ある者は鈍い光を放ち、ある者は虚ろな目でこちらを見つめる。 それこそ17~8年前の学生時代には良くお邪魔していた。一体、最低数万円はする人形を購入できるはずもなく、その時が止まったような異空間の静けさと、触ってもピクリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カフェとショップ「たなかや」

先日、日曜日には「たけうち」の大将および我がグルメ師匠オススメのカフェへ。 カフェのほか、漆塗りの高品質な生活諸器が並べてあるとのこと。 カフェではカレーが美味しく、また、「リンゴリンゴ」という季節限定の紅玉の甘煮があるということで、リンゴ好きとしては是非とも行かねば!と。 喧騒から離れた住宅地に看板も小さく営まれてい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

裏枝魯

下向きTHEダイヤモンド。 嬉しそうに番組欄を指す指は、大将・枝氏のもの。 栄一ちゃん、爪のお掃除を怠っちゃダメよ。 この日は、赤が良くお似合いで。でも、確かに痩せたねぇ。 片や、F氏は見事な重ね着で。 着実にファン層を広げているF氏。 笑顔が素敵です。 隅の方が好きです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

枝魯枝魯ひとしな 2007年11月もどき

あくまでも「もどき」である。 「今日行くかも・・・」と連絡を曖昧にしておいたせいで、予約人数にカウントされていなかったらしく、深夜12時過ぎに店に着いたときには、食材不足により正式なコースを提供できない状態であった。 ということで、以下は、正式な11月メニューではない。抜けてしまった料理もあれば、正式メニューとは違う素材を使用し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more